×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

介護

日本で介護という言葉(作家や作詞家なんかは特に優れたセンスを持っているでしょう)が法令上で見られるようになったのは、189二年の陸軍軍人傷痍疾病恩給等差例からとされ、介護は施策としてではなくて、恩給の給付基準にしての概念であったようです。介護という言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)が主体的に用いられるようになったのは、1970年代後半からの障害者による公的介護保障を求める運動からとされています。

それまでの障害者の面倒を見るのは親がやるのが当前といった社会の考え方からでは、障害者は施設に追いやられるという危機感からそういう運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)が発生したになるかもしれません。要介護認定とは、介護サービスを希望する人がどういう介護サービスが必要なのか、またどのような介護サービスを受ける事が可能なのかを公的に認定するためのみたいですが、要支援1・2(要支援認定)、もしくは要介護1〜5(要介護認定)の介護区分で認定されています。

改正介護保険制度の介護認定について 、平成18年の介護保険制度の改正によってますと介護予防に重点が置かれるようになって、いままでの要支援、要介護1〜5の6段階の介護認定区分のうち、要支援と要介護1の一部が要支援1・要支援2に変更され、要支援1・2要介護1〜5の7段階の介護認定区分になっています。訪問看護とは、ホームヘルパーなどが要介護者や要支援者の自宅へ訪問をして、日常生活上の世話、例えば入浴、排せつ、食事などの介護、調理、洗濯、掃除なんかの家事、生活などに関する相談および助言、を行うサービスのことを言います。身体介護は、利用者の身体に直接ふれる形で行う介助サービスで、排せつ、食事介助や清拭、入浴、そして身体整容などがあります。

普段の生活を送る上で、必要となる機能向上の介助サービスやアドバイスを行っていくのです。料金は、30分未満2310円、30分1時間未満4020円、1時間以上1時間30分未満5840円と設定されているものです。介護福祉士は、1987年(昭和62年)に法整備によって新しく誕生した社会福祉の国家資格(法律に基づいて国からの委託を受けた機関が実施する試験に合格するなどの条件を満たすことで取得できる資格です。単に試験に合格しただけでは資格を取得できないことも多いでしょう)です。
http://yuyu-yonago.co.jp/